印鑑証明取得の流れ

印鑑証明を取得する場合の具体的な流れをご紹介します。どんな時に印鑑証明書が必要になるのか? - 印鑑証明を取得するためには

印鑑証明を取得するためには

印鑑証明が必要になったら

皆さんが普通に生活していく中では、あまり印鑑証明書が必要になる事態というのはあまり訪れることがないのかもしれません。
それどころか、印鑑証明書って何?なんて思っている人も案外多いのではないのでしょうか。
人は普段の生活の中で特別に必要となる機会が多くない物のことをあまり積極的に知ろうとはしませんので、それも仕方ないのかもしれません。
しかし、もしあなたが車を購入することにして、いざ購入という時に印鑑証明書の提出が求められます。
そんな時に印鑑証明書のことを何も知らないなんていう事になってしまったら、取得までにかなりの時間を要してしまいます。
まず印鑑証明書は何なのかということを調べてから、どこへ行けばいいのか調べて・・・なんていうことをしていたらあっという間に時間が発ってしまいます。
購入を決意したのならば、一日でも早く自分の手元に置いておきたいものですよね?
そのような事態を避ける為にもある程度は事前知識として印鑑証明書の事を知っている方がいいでしょう。

取得の為には

印鑑証明書とは自分が使用している印鑑が、国からその効力を認められていることを証明するためのものです。
若い人たちなんかは自分の印鑑を持っていないということも多いかも知れませんし、持っていたとしても実印ではなくシャチハタや三文判ということもあるでしょう。
しかし印鑑証明書を取得するためにはまず自分だけの実印を手に入れる事から始めなくてはいけません。
印鑑なんて実印じゃなくても自分の苗字だけ間違ってなければ、それでいいのではないか。
なんてことを思うかもしれませんが、社会人にとって実印は頻繁に使用する機会があるものです。
何かしらの契約をする時にシャチハタの印鑑なんかを出してしまっては恥をかいてしまいますよ。
最近では町の印鑑屋さんだけではなく、様々な場所でオーダーメイドの実印を作成することが可能になっておりますし、作るための時間だって大したものではないはずです。
取得するためには自分だけの印鑑を持って住民票の籍を置く市町村の役場に行って手続きをすることが必要になります。
何となくめんどくさそうな気配を感じるかもしれませんが、実際の手続きに当たってはそれほどの時間は掛かりませんので心配することはありません。

まずは印鑑登録から

その印鑑証明書の取得の為にはただ単に自分の実印を持って役場を訪れればいいというものでもありません。
自分がその印鑑を使用するという為の証明の為にも印鑑登録を行うことが必須になってきます。
印鑑証明書を取得するよりもそちらの方が様々な決まりがあるのですが、詳しいことは別の機会に紹介させて頂こうと思います。
印鑑登録が終われば印鑑登録カードを手にすることが出来ますので、そのカードを持って役所の窓口で申請を行いましょう。
幾ら印鑑登録が終わっていても印鑑登録カードを忘れてしまっていては交付を受けることは出来ませんので注意しましょう。

印鑑証明書を手に入れたなら

上記の手続きを踏んで印鑑証明書を入手できたのならば、あなたは自分の責任に於いて不動産での高額取引や公正証書の作成が可能になります。
学生さんにはピンと来ないかもしれませんが、これが自分の責任で行えるということは社会的に一人の人間としての存在が認められたも同然です。また会社実印も同じような手続きとなります。

不動産屋さんとの契約をする時なんかも未成年ならば親御さんと一緒に不動産屋を訪れて、親御さんの名義で賃借契約を結ぶことになりますが、この印鑑証明書を持っている社会人ならば自分一人で行うことが出来るのです。
国によって印鑑の正当性が立証されるということは様々な事を行えるようになるのです。
印鑑証明書を活用してどんどん社会的な行動を起こしていきましょう。

Copyright(C)2016 印鑑証明取得の流れ All Rights Reserved.